藤井佳愛行政書士事務所トップ 事務所実績 事務所のご案内 自己紹介 個人情報保護法令


韓国家族関係登録簿の整理

出生・婚姻・離婚・死亡・国籍喪失・改名・訂正・就籍など




■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2017年12月 次月>>
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■OTHER■

取寄せの際の参考資料
大阪領事館では(全国的かもしれません)、最近より韓国書面を申請する際の参考資料がコピーでは足りず、原本提示が必要となりました。
(当事務所のスタッフは何とか今月は出してもらえたようですが、来月からは必須だそうです)

これまで開業以来、取寄せの際には、申請書・委任状・身分証コピー・各種の参考資料の順で綴ってきました。
今後は、これらに加えて、参考資料の原本も共に綴り、領事館の担当者に確認して頂いた後に返却してもらう必要があります。

特に当事務所では全国の法律関係事務所様より韓国書面取寄せを多数ご依頼いただいております。
これまで参考資料は全てコピーを送付いただいておりましたが、今後は原本をお借りする必要があります。
お借りした日本書面の原本は、韓国書面や翻訳と共にお返しいたします。大変お手数ですが、お間違えのないようによろしくお願いします。

※ 参考資料・・・たとえば帰化をした被相続人の相続で韓国書面を申請する際には、帰化事項が記載された日本の戸籍(除籍)謄本を領事館担当者に提示して、同一性を確認して頂く必要があります。



| http://kankokukoseki.com/blog/index.php?e=14 |
| 法律 | 12:39 AM | comments (0) | trackback (0) |

▲PAGE TOP